薬の販売は、どこまで資格が必要なのだろう

以前の薬の販売は対面販売だった。ショーケースの前に立ち、自分の症状を話すと白衣を着た店員さんがそれにあった薬を出してくれた。それでも治らないと仕方なく病院に行くしかなかった。だから同じ薬局に通い続けていると、同じ薬しかもらえなくて困った。あの白衣の方は薬剤師の方だったのだろう。今の薬屋はドラッグストアが主流で、薬はショーケースなどに入っていない。手に取り実物を見比べることが出来る。不安なことがあれば、声をかけると資格を持った方を呼んでくれアドバイスをくれる。ときどき大きなドラッグストアで困るのは、販売したい商品がありそれを強く勧められること。わたしの症状にも合うのだがいま一番売りたいと言う気持ちが先に出てきている。不安なことがない限り、薬は自分で選び購入する。薬剤師の方を通して購入するなどほとんどないのだ。そう考えると資格を持った人は薬の販売に必要なんだろうか。いまはネット販売の是非も問題視されているのだが、ネット販売も買いたい商品がきまっていると非常に便利。ただし用量など守らないなど不安はある。けれど対面販売ではなくなった今、同じ商品はいくつでも買えるのだ。ネットだけが悪いわけではない。こういった場合を考えて、レバレジーズのサービスで取得できるようなネットと薬に関する資格などももっと出てきていいように思う。カウンセリングメールなどを受け取り販売。医師ではないから、何かあったらというがそれはどこの薬屋でも同じこと。薬の裏には、服用してもよくならない場合は医師にいくようにと書いてあるので十分ではないだろうか。コンビニでも薬を置く時代。買えない薬は病院で。そんな資格が今の時代必要だと思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">